女性のための心理学と生物学をベースとするメンタルヘルス

RSS

家事を頑張るお母さんへ




コロナウイルスのニュースを聞いて気持ちがドーンと沈んでいませんか。

なんとなくモヤモヤしたり、
ザワザワしたり、 
何気ない音や言葉に
イライラしていませんか?  

そんな時は話すことで
スッキリすることもあります。

外出がままならず、
気分転換もできず、
遊び盛りの子どもや
反抗期の子育てに
イライラする気持ちを
バターンとドアを閉めたり、
モヤモヤする気持ちを
無言で示したりね。

疲れが溜まると
八つ当たりしたくなりますね。

安心してくださいね、
こんな状態は
ストレスが溜まってしまうと、
誰でも起きますよ。

主婦の家事は休日はなく、
労いの言葉があれば、
少しはホッと出来るのですが。

頑張っているのに、
不穏なムードを作ってしまい、
自分を責めないためにも、
クルクル悪循環かに陥る前に、
話してモヤモヤを手放し
スッキリしましょうね。

誰もがしんどい時だからと
頑張り過ぎず、
ほどほどの頑張りで
乗り切りましょう。

頑張らないとダメだと
思う気持ちがあれば、
必ず挽回はできますよ。

そんな能力が人に備わっているのです。

コロナウィルスに勝つためにも
今は少し頑張るスイッチを弱めて、
エネルギーは保存しておきようね。

先日の面談で「こんな時だから何か勉強になる本を紹介して欲しい」と・・・

こんな時だから、遊び心でゆっくりできるといいですね。

また気忙しい日々がやってきますよ、
こんなにも頑張っているのですからね、
あけない明日はない・・・。

ポピーの花言葉は『おもいやり』です。

まずは自分へおもいやりを向けて下さいね。

2020-04-17 11:23:01

公平に与えられ時を間違った行動で止めないようにしたい









アスターの花言葉は「変化」です。

コロナウィルスの早期の収束を願いつつ。

江戸幕府から明治時代へ変わる激動にも似て、世界が変化する時なのだろうと思ってしまいます。

闘いをせず、平和を望み、国を守るために思案する天璋院や帯刀の思いは周りに届かず、多くの尊い命が・・・。

それでいて戦をする者の思いも同じなのに、どこでズレてしまうのだのうか?

正解が分からないことは不安を覚えるし、経験した事がないと不安になる、それが普通だしそれが人。

その不安を避けずに受け止めて学習することで心は強くなるのだけどね。それができないから余計に混乱し行動が危うくなる、そしてそれも人のなせる技。

公平に与えられ時を間違った行動で止めないようにしたいね?


あの時この時と後悔しないために、日本全国で不要不急の外出を控え、コロナウィルスの収束を願うならば、自制心を持って、本能を研ぎ澄まし、非常事態宣言の発出の意味を理解し、みんなで生き延びていけたらいいですね。

#不要不急
#コロナウィルス
#変化
#幕末
#明治維新



2020-04-10 10:26:02

命を繋げるために 問われている。 未来を見据えて考える。


忘れなぐさの花言葉は

「誠の愛」です。

コロナウイルスの拡散拡大を

収束するために

何をすれば命を繋げるために

問われている。

今どうすればよいか?

未来を見据えて

命の在り方を考えよう。

 

 

冷静に理論的に行動しないといけない時。

 

 

子どもの未来

自分自身の未来

それを考えていこう。

 

後で笑い話になってもいいじゃん。

命があるから笑うことが出来る。

 

 

こんな時だからと

楽観的に考えて出掛けない。

 

 

この先どうなるのかと

不安になって悲観的にならず。

 

 

未来を見据え

冷静に理論的に粛々と

最善にやるべき事をしよう。

 

 

ここが踏ん張りところ。

 

 

誰もが対等に命を大切にする権利がある。

 

 

命を授かり引き継がれているということは、

誰もが家族という線で結ばれている。

 

 

 

家族を守る時、

タイミングを逃さずに

安心感を育んであげよう。

それが子育て、

それが親の愛。

 

 

 

 

家族を守るために

仕事も外出も我慢のしどころです。

 

 

 

「自分がせねば」

誰かのために行動しないといけない時、

誰かのために行動してはいけない時、見定める時。

 

命があるから未来が拓く。

 


2020-04-05 09:56:01

自律すると、ほとよい距離を保ちながら人と末長く付き合うことかできる。



心理学は、

深層心理の問題だけを取り扱っていない。

 

 

 

マスコミで取り上げられていることの多くは

先入観を与えて誤解を生じさせている。

 

 

 

この数年間、

心理学や心理カウンセリングを

深く知らない人に出会う機会が多くあり、

間違ったレッテル貼りをしている人が多いことに

気がつき心理学をわかってもらう為に

躍起になり説明をしていた。

 

 

 

しかし本人自身で気がつかないと

思い込みは変わらないだろうと頭を切り替えた。

 

 

 

今は辛抱する時なのだろうと、ひと呼吸

 

 

 

 




心理学が日本に周知された反面、

一部を切り取り学ぶ人が多く出没し、

誤解がかなり発生している。

 

 

 

心理学は実は豊富な内容をもっていて、

簡単にこれだけが心理学であるというわけにはいきません。

 

 

 

 

心理学とは何かということを理解するには、

知覚心理学、発達心理学、性格心理学、

社会心理学、家族心理学、臨床心理学
把握する必要がある。

 

 

人は環境の中で生きていくために、

環境の物事をよく見たり、

聞いたりしなければならないし、

欲望を満足させるために行動しなければならない。

 

 

行動して得た貴重な経験は生かされなければならない。

 

 

 

 

 

 

心は、考えたり、喜んだり、泣いたり、

喧嘩したり、恋愛をしたりという、

人間のあらゆる活動で働いている。

 

 

 

大人の心だけでなく、

子どもの心も知らなくてはならない。

 

 

人それぞれ違った性格をもっているし、

社会の中で生きていくためには

人間関係がどのようになっているのか知らなければならない。

 

 

 

 

 

本人も周りも

気がつかない病理が潜んでいることもある。

 

 

 

 

 

 

心理カウンセリングは、

すぐに答えてくれると思う意識が強すぎると

自ら問題を理解し解決ようとする前に

安易な居場所を見つけて

行動してしまう時があります。

 

 

これまで出会うことがなかった、

手を差し伸べてくれる人は

喜びであると心が

誤作動し勘違いする。

 

それはそれで幸せならばそれでよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

心理家は

こころの中を見透かすように

先手必勝の行動を慎む。

 

 

 

 

なぜならば、

人の心を土足で踏み込むことをしないからである、

しかし不安感が強い人に限って

土足で入ることを良しとされる。

 

 

離れることで恐怖を何度も味わってしまうことを

避けるかのように。

 

 

 

 

土足で踏み込まれることで

自分が立っていると勘違いすることもある。

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで立つ経験がなと踏ん張る前に

恐怖が先にたち向き合うべき事から逃げてしまう。

 

 

 

そのように逃げるように仕向けたのは

相手であると思い込み、

自分自身を肯定する。

こんな心のからくりに気がつくといいのだけどね・・・

 

 

 

 

心配し相手のためになることを

ある時から一生懸命を止めた。

 

 

自律していると

勘違いさせていることに

私自身が気がついて、

人の心に踏み込むことを止めた。

 

たとえへ嫌われても

悪口を言われても

 

 

 

相手の口から出る言葉は

相手の底に眠る真実。

 

 

 

 

受け取り方が違うと分かってもらうために

身を削りがんばって説明する意味には、

自分への承認欲求が潜んでいる。

 

 

 

ザワザワした承認欲求ほど

虚しい心は無い。

 

「もういいよね・・・」

と自分自身の声が聞こえた。

 

 

今回のコロナウイルスの拡散を収束するための

不要不急の外出を控え、

気持ちがドーンと下がる情報をカットするために

SNSの送受信をoffにしてから、こころが軽くなった。




自分にとって必要でない。
心が望む時に発信をしようと思えた。




軽やかに昔のように・・・

 

 

 

こころが穏やかに・・・

 

 

 

悲しみの中に

一筋の灯りがともる。

 

 

 

 

 

心は永遠に豊かに育むことはできる。

 

 

 

自分が自分を理解することで・・・

 

 

 

 

 

そして同じ目的・目標であれば、

一緒にいても疲れない君。

 

離れていも不安感以上の安心感で包まれている。

 

 

君に出会ったことは奇跡であり必然。

 

 

素敵な出会いに気がついてくれるために

私は心理職を全うする。

 

 

 

 

わたしに会いに来てくれる

あなたに愛を注ぐと誓って・・・

 

 

2020-03-31 10:37:01

信じる力は、生きる力



何かをやり始めたいと決めた。

 

色々なアドバイスを聞いて、

楽しくワクワクしてきた。

でもいざ行動しようとすると動けない。

 

 

声が聞こえてくる。

「できるわけがないでしょう」

「いつも失敗するでしょう」

「何度やってもムダでしょう」

誰の声なのだろうか?

 

 

いつの頃から誰かの顔色を見てしまう。

 

 

大丈夫、ゆっくり落ち着いて。

 

 

脳は愛されるためのカリキュラムが備わっている。

しかし何かのきっかけで

脳は誤作動する。

あなたが悪いのではない。 

 

 

この人について行けばいいと思った時、

相手の状況を理解しないで、

過去の出来事をフラッシュバックして、

何もしてくれないと決めつけない。

『ここが一番大切です。』

 

 

しんどかったこと、

辛いこと、

悩んだこと、

頑張ったこと、

これがあったから強く生きている。

 

 

 

話すことで心にゆとりができ。

離すことで客観的になり。

放すことで心はスッキリする。

 

『話す=離す=放す法則』

 

 

 

 

選んだその相手を信じる前に、

選んだあなたを一番に信じよう。

 

 

人が変わるのでなく、

思い通りに動いてくれないと

あなたが人の見方を変える。

 

 

信じきる力が備わっている?

 

 

 これまでの道のりを全て受け入れることができるといいね。

 

必要な事実の情報をキャッチできるといいね。



 

雛祭りは女子の健やかな成長を祈る節句の行事です。
桃の花は邪気を祓う力があると言われています。




今の状況が早く収束しますように願うばかりです。

 

2020-03-03 09:37:01

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ