女性のための心理学をベースとするメンタルヘルス

RSS

心は見えないから分かりにくいけど、人と人と巡り会うことで成長はする。



 


お部屋を明るく癒してくれるグリーンネックレスの観葉植物の花言葉は「成長」です。

 

人はゆっくり必ず成長している。

 安心しょうね。



 

日本人は西洋人に比べ、

人と人の心理的境界が薄い。

 

 

日本人は、互いに相手の気持ちを察し合って、相手が言ってほしいと思っていることを言うのです。

 

 

日本人は、言葉で求めなくても察しあう事に価値が置かれます。

 

 

それに比べると西洋人は、自分の気持ちや要求を言葉で伝える事に価値を置きます。

 

 

日本では、

他人の気持ちを察することが大切だとされるので、その意味で、日本人は

人と人の心理的境界がよりあいまいなんです。

 

 

言わば、花が一本一本独立して咲いているよりも、みんな集合的に咲いて『場』を形成しています。

 

 

日本人の個人的境界があいまいだという特徴は、幼少期の親密な母子関係の延長ではないかと思います。

 

 

 

日本では母子密着の期間が長いし、

密着度も西洋に比べて強いようです。

 

 

どの文化でも、お母さんと赤ちゃんは

『母子一体ユニット』を形成して『そと者』との境界を明確に引き、『母子一体ユニット』の中に『そと者』を入れません。

 

 

 

そして『母子一体ユニット』の中では、お母さんは赤ちゃんの気持ちや欲求を察してそれに合わせようとします。

 

 

 

同じように、日本人は

『ウチとソト』という境界を明確に引き、『ウチ』のなかでは個人の境界があいまいですが、ソトの人をウチに入れません。

 


ここに気が付くと人の境界を明確にすることに抵抗がなくなる。

 

 

面談では、

事実確認をするために

質問を繰り返す。

 

 

この質問に答えられない時、

怒り、寂しさ、否認などを使って、

これまでに身につけた手立てで回避する。

 

 

こんな時は共に踏ん張りところ

一緒に頑張ると決めるのはクライアント様なんだよ。

 

 

向き合うエネルギーがない時は、

お互いが辛抱する。

 

 

出会いはタイミング。

今でない時は次まで待つ。

 

 

 

今ここの自分の気持ちを大切にできるといいね。

 

 

TVドラマは終わったけど

【凪のお暇】の

人間模様が分かりやすかった。

 

 

気が付いた時から人生の物語は変わる。

 

 

 

 


 




2019-10-02 17:42:01

ありがとうと心の底から言えるまで精一杯生き頑張ります。


 

 
ブルースターの花言葉は
「信じあう心」

 

親が子どもを思う気持ちは永遠・・・
子どもを思う親の気持ちを信じる力は必要です。
ここから自分と他人を信じる根っこが育つ。
 
 
「情けは人の為ならず」
大切にしていた座右の銘です。
 
自分のことを大切にできて、初めて人のお役に立てることができる。
数々の葛藤と闘い、闘い切れないことは横に置いて。、
 
意識して横に置いた闘いですら母に似た他人の価値観に押しつぶされる時もあり。
 
 
これでいいと思えるまでの長い月日が自分を強く成長させてくれた。
 
 
これでいいと思えるようになるには
自分をくまなく知る必要がある。
 
 
誰かに認めてもらわなくても
誰かに批判されてもやることやった。
頑張ったと自分に言い切れる。
 
 
親・子ども・親戚・友・知人・知り合い色々な境界線を明確にし、
境界線が明確になったことで問題の線引きができた。
 
 
 
自己理解し線引きを曖昧にする必要はある。
曖昧も大切にしている。
 
 
 
白黒で感情を線引きする事はできない。
 
 
 
無意識でする行動と
意識してする行動の違いは、
問題に巻き込まれることは無い。
必要でない土俵に上がることはない。
 
 
個人面談は、
傷を癒すためではなく
自分の傷に気が付き
生きてきたこれまでを受け止め
自分で癒していけるようになる。
 
 
答えを教えるのでなく
行動を指示をするのでなく
無意識の底に眠っている
自分の気持ちを浮き上がらせる役割をする。
 
 
「教えてくれないから」と思う時にも
何故そう思うのか問いかける。
 
その問いかけに怒りを覚える人もいる。
怒るにも理由はあるけど。
 
怒らない人は自分と向き合う準備が出来て境界線を明確する意味を理解している。
 
 
横に置いてきたやるべきことを片付けるのでなく
知ることで罪悪感なくもう一度横に置き前に進むことができる。
 
 
律している人は、
人の感情を背負うことはしない。
 
傷ついたと分かって欲しいと
助けてくれる人にしがみつくこともしない。
 
問題は自分の心が起こす痛み、
イライラ・モヤモヤ・シクシク
心のアラームをoffに出来るのは自分しかいない。
 
 
心の中のスイッチを消す権利は自分の手の中にある。
 
私を必要とする方へこの思いを届けてまいります。
 
 
2019-09-25 13:32:02

悩んだ先に穏やかな気持ちは生まれる。





納得したことは

悩んでもたゆまない努力をし

突き進むことができるようになるよ。

 

結果を求めるのでなく、

苦しみの中から

楽しみを味わうことができる。

 

 

【やりたい】ことを試行錯誤し

間違いをしても最後は結果に繋がる。

 

 

点は必ず線となり形を創る。

 

 

予測しない結果を味わっても

それは決して間違いでない。

それは出来なかったことでない。

それはダメを評価されることではない。

 

 

そこから何を学習するのか,

そこに気がついて欲しい。

 

 

何が足りなかったのか?

次に何をするべきか?

新たな課題を見つけて欲しい。

 

 

真似ることは必要だけど

いつまでも真似っこばかりだと

いざという時にボロが出る。

 

 

分かっていないからボロが出た時に

対処法を見つけられないで

オロオロしてしまう。

 

 

人は誰でも間違いをする

 

 

出来ている

キラキラ輝いている人は努力している。

努力が血肉化して磨きがかかる。

 

 

 大人の対応力とは、

他者とさりげない距離を保つこと

 

 

優しさの中にも、

他者と境界線を保つ。

 

 

穏やかな心の持ち主は

大切な人の温かさを感じる。

 

 

悲しい時・悩む時・くじけそうな時

どんな時も人の温かさを感じる。

 

 

ひとり【やりたい】ことをしていても
不安になることはない・・・
 

 

 

そんな人間関係があると

できないことが多くても

結果に振り回せることなく

幸せを感じる。

 

 

2019-09-19 09:25:01

悩みは人を成長させる・・・



やるべき悩みは人を成長させる。


自分で悩み苦しみを味わうことから
先が見えてくる。



誰のせいでもない、
自分自身の学習不足である。
その言葉に尽きる・・・


これだけは忘れないでね。
悩み抜いて、もがき浮き上がれない時は、
頑張ることを止めて、
誰かに助けを求めて欲しい。



パワハラ・セクハラをされた時は
すぐに逃げる。
逃げるが勝。
闘いを挑む相手なのか見極めてね。


心が沼地に落ちて
自力で這い上がれない時は
勇気をだして
誰かに助けを求めて欲しい。


人から傷つくことはあるけれど
人から守られていることを記憶してね?



周りに誰も居ない時は、
地域支援の手を借りてね。



あなたは生きる価値がある

あなたは存在する意味がある。

あなたは、あなたのままで良い。



苦しんだ数だけの
勇気と優しさを勝ち得てくれると
わたしは嬉しい・・・



過去の苦しみを同じ様に与える

存在だけにはならないでね。



2019-09-12 08:34:02

本気かどうかなんだね〜



なんだか近頃、楽しくて仕方がない。

何もこれといって楽しい事があるわけでないけどね。


何か始める時、「これどう思う?」「これってやってもらってどんな気持ち?」確認するクセがある私。

期待している返事でない時「なぜそう思うのだろうか???」と違う意味の「???」で頭が一杯になり停滞期に突入。

その「???」ってさぁ〜自分に向けるマークなんだよね。

結果を考えるから確認するし、賛同を得ようとする。

大切なことは自分がやりたいか、やりたくないか。

「?」が発動する前に本気ならやってみょう。

根拠のない【大丈夫】は存在する。

覚悟が決まったら駒は前に進む。
覚悟は遺伝する。
覚悟の先にワクワクの気持ちと、ゾクゾクの気持ちが相まって力の渦になる。
 
 
やると決める気持ちが定まると覚悟する。


やりたい目標が明確なら肝が座る。

人にはその人なりの時間があり。

その時間があったからこそ楽しいのかもしれない。
 
この時間の経過が自分を育てたと思えるとジーンと走馬灯のように過去の出来事が染み込み、この年齢が楽しくて仕方がない。

年齢を重ねる意味を実感できる毎日に感謝です。

出会いは感動。
出会いに感謝です。

明るく元気にさせてくれるようなオレンジのコスモスの花言葉は
「野生の美しさ」です。

自分らしく生きている時が一番に美しい・・・


空と地は世界と繋がっている。

たまに空を見上げてみようね?

地に咲く花から元気をもらえる時もあるよ。


2019-09-05 07:39:01

1 2 3 4 次へ