女性のための心理学と生物学をベースとするメンタルヘルス

RSS

自律すると、ほとよい距離を保ちながら人と末長く付き合うことかできる。



心理学は、

深層心理の問題だけを取り扱っていない。

 

 

 

マスコミで取り上げられていることの多くは

先入観を与えて誤解を生じさせている。

 

 

 

この数年間、

心理学や心理カウンセリングを

深く知らない人に出会う機会が多くあり、

間違ったレッテル貼りをしている人が多いことに

気がつき心理学をわかってもらう為に

躍起になり説明をしていた。

 

 

 

しかし本人自身で気がつかないと

思い込みは変わらないだろうと頭を切り替えた。

 

 

 

今は辛抱する時なのだろうと、ひと呼吸

 

 

 

 




心理学が日本に周知された反面、

一部を切り取り学ぶ人が多く出没し、

誤解がかなり発生している。

 

 

 

心理学は実は豊富な内容をもっていて、

簡単にこれだけが心理学であるというわけにはいきません。

 

 

 

 

心理学とは何かということを理解するには、

知覚心理学、発達心理学、性格心理学、

社会心理学、家族心理学、臨床心理学
把握する必要がある。

 

 

人は環境の中で生きていくために、

環境の物事をよく見たり、

聞いたりしなければならないし、

欲望を満足させるために行動しなければならない。

 

 

行動して得た貴重な経験は生かされなければならない。

 

 

 

 

 

 

心は、考えたり、喜んだり、泣いたり、

喧嘩したり、恋愛をしたりという、

人間のあらゆる活動で働いている。

 

 

 

大人の心だけでなく、

子どもの心も知らなくてはならない。

 

 

人それぞれ違った性格をもっているし、

社会の中で生きていくためには

人間関係がどのようになっているのか知らなければならない。

 

 

 

 

 

本人も周りも

気がつかない病理が潜んでいることもある。

 

 

 

 

 

 

心理カウンセリングは、

すぐに答えてくれると思う意識が強すぎると

自ら問題を理解し解決ようとする前に

安易な居場所を見つけて

行動してしまう時があります。

 

 

これまで出会うことがなかった、

手を差し伸べてくれる人は

喜びであると心が

誤作動し勘違いする。

 

それはそれで幸せならばそれでよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

心理家は

こころの中を見透かすように

先手必勝の行動を慎む。

 

 

 

 

なぜならば、

人の心を土足で踏み込むことをしないからである、

しかし不安感が強い人に限って

土足で入ることを良しとされる。

 

 

離れることで恐怖を何度も味わってしまうことを

避けるかのように。

 

 

 

 

土足で踏み込まれることで

自分が立っていると勘違いすることもある。

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで立つ経験がなと踏ん張る前に

恐怖が先にたち向き合うべき事から逃げてしまう。

 

 

 

そのように逃げるように仕向けたのは

相手であると思い込み、

自分自身を肯定する。

こんな心のからくりに気がつくといいのだけどね・・・

 

 

 

 

心配し相手のためになることを

ある時から一生懸命を止めた。

 

 

自律していると

勘違いさせていることに

私自身が気がついて、

人の心に踏み込むことを止めた。

 

たとえへ嫌われても

悪口を言われても

 

 

 

相手の口から出る言葉は

相手の底に眠る真実。

 

 

 

 

受け取り方が違うと分かってもらうために

身を削りがんばって説明する意味には、

自分への承認欲求が潜んでいる。

 

 

 

ザワザワした承認欲求ほど

虚しい心は無い。

 

「もういいよね・・・」

と自分自身の声が聞こえた。

 

 

今回のコロナウイルスの拡散を収束するための

不要不急の外出を控え、

気持ちがドーンと下がる情報をカットするために

SNSの送受信をoffにしてから、こころが軽くなった。




自分にとって必要でない。
心が望む時に発信をしようと思えた。




軽やかに昔のように・・・

 

 

 

こころが穏やかに・・・

 

 

 

悲しみの中に

一筋の灯りがともる。

 

 

 

 

 

心は永遠に豊かに育むことはできる。

 

 

 

自分が自分を理解することで・・・

 

 

 

 

 

そして同じ目的・目標であれば、

一緒にいても疲れない君。

 

離れていも不安感以上の安心感で包まれている。

 

 

君に出会ったことは奇跡であり必然。

 

 

素敵な出会いに気がついてくれるために

私は心理職を全うする。

 

 

 

 

わたしに会いに来てくれる

あなたに愛を注ぐと誓って・・・

 

 

2020-03-31 10:37:01

信じる力は、生きる力



何かをやり始めたいと決めた。

 

色々なアドバイスを聞いて、

楽しくワクワクしてきた。

でもいざ行動しようとすると動けない。

 

 

声が聞こえてくる。

「できるわけがないでしょう」

「いつも失敗するでしょう」

「何度やってもムダでしょう」

誰の声なのだろうか?

 

 

いつの頃から誰かの顔色を見てしまう。

 

 

大丈夫、ゆっくり落ち着いて。

 

 

脳は愛されるためのカリキュラムが備わっている。

しかし何かのきっかけで

脳は誤作動する。

あなたが悪いのではない。 

 

 

この人について行けばいいと思った時、

相手の状況を理解しないで、

過去の出来事をフラッシュバックして、

何もしてくれないと決めつけない。

『ここが一番大切です。』

 

 

しんどかったこと、

辛いこと、

悩んだこと、

頑張ったこと、

これがあったから強く生きている。

 

 

 

話すことで心にゆとりができ。

離すことで客観的になり。

放すことで心はスッキリする。

 

『話す=離す=放す法則』

 

 

 

 

選んだその相手を信じる前に、

選んだあなたを一番に信じよう。

 

 

人が変わるのでなく、

思い通りに動いてくれないと

あなたが人の見方を変える。

 

 

信じきる力が備わっている?

 

 

 これまでの道のりを全て受け入れることができるといいね。

 

必要な事実の情報をキャッチできるといいね。



 

雛祭りは女子の健やかな成長を祈る節句の行事です。
桃の花は邪気を祓う力があると言われています。




今の状況が早く収束しますように願うばかりです。

 

2020-03-03 09:37:01

中居君の記者会見


 

やっと中居君が事務所を退社する。

どうでもいいけど、ホッとした(笑)

 

解散から3年、彼なりのけじめ、タイミング。

記者会見を見てSMAPを知っている側の見解はいかに?

 

「世界に一つだけの花」

素敵な歌詞に心からジーンとした。

 

その歌詞のように、

一人ひとりの個性を尊重する役割を背負い。

言いたい言葉を呑み込み。

誰も傷つかず、輝く道を模索したのだろう?

 

違っていいのにね。

違うからこそ、そこに意味がある。

意見が食い違い喧嘩し、

相手を思いやる気持ちが心を育み、

それが人を成長させる。

 

優しすぎたね。

気持ちに寄り添い理解する。

 

 

自分目線の意見ばかり話される。

分かり過ぎると今度は優しさが足かせに。

 

ひとりで、まとめ役に徹し、

まとめきれないことが起きる。

 

それぞれのベクトルがある。

 

違っていいんだよ?

価値は自分の心にあり。

 

今ここに居る世界で価値が違う。

 

一緒の方向に向いていなくても

お互いを理解していると価値が違っても

一緒に居ることができる。

 

 

自分の価値を大切にするならば、

相手の価値も大切にしないといけない。

 

 

どこから道が違ってきたのだろうね?

 

 

 

TVを観ながら、

マスメディア側の質問を聞き、

週刊誌の文章を読んでいる気分になった。

 

知らなくていいことを知りたがる。

知ってどうするのだろうね?

 

 

受け止め方・理解の仕方で伝える言葉が変わる。

 

 

全てにベクトルに合わせていると

言葉は多岐に広がり、意図が伝わらない。

 

 

中居君は賢いね(笑)

正直に話す必要のない部分、

誰かの気持ちの話はピシャと止める。

 

 

それぞれの心の中まで話す必要はない。

 

 

さてその部分をどのように伝えるのかは、

聞き手・書き手のセンスで表現が変わる。

 

 

また読み手も心のポケットにある物差しで物事を見る。

 

 

中居君の退社会見をどのように理解したのか?

 

 

それが今の自分の心を映し出す鏡の状態かな?

 

 

中居君は優し過ぎた・・・

ここからは自分にも優しく、

自分らしく生きたい人生を・・・

 

ホッとできる。

安心できる仲間と共に。

 

君らしい頑張りに乾杯!!

そしてお疲れ様です。

心から愛を込めて知らない君に届けたい。

 

 

クロッカスの花言葉は【青春の喜び】

 

2020-02-24 09:46:01

親愛なる君へ


 
《写真をお借りしました。》
人の話を聞きながら「こうしたらいいのになぁ~」と私の考えが浮かぶ瞬間に口を閉じる癖がある。

 

過去に相手のことを想って「こうすればいいよ」と話す言葉を覆いかぶさるように「それを言われると萎える」と即座に返事をされた。

 

そっか・・・

そうだったね

君は何かを始める前に誰かに止められて、気持ちを押し殺して生きていたね。

 

知っていたし、分かっていけど。

私の気持ちを聞くことができないほど

トラウマが出没し、同じようなことが起きる前に

私の言葉を封じ込めてしまうんだ。

 君の言葉だから私まで、

否定される気分を味わってしまった。

 

 

 

そっか・・・

 

 

 

私の想いは君には重いのか~っと

それから本音を閉ざして

「そっか・・・」

「そうなんだ・・・」

と聞くことに徹していた。

 

 

君がそれで幸せならそれが一番いいよね。

だって君の人生だから・・・

私の気持ちを話すとくじけて、

前に進めないなら黙って見守ろうと。

 

でも

それがいけなかったようだ?

 

 

可否なく聞いているつもりが、

君には承認してくれていると

受けとめてしまったんだね?

 

 

 

そっか・・・

そこからボタンの掛け違いの始まり。

 

 

 

 

私が話す言葉の意味を聞く前に

君はストレートに感情を吐き出して話す。

 

まるで幼い子どもが母親に駄々をこねるように。

 

私にはその姿が愛おしく

ずっと守ってあげたいと思ったよ。

この気持ちは本心。

 

 

私の言葉は君にとっては説得(躾)に聞こえていたのかな?

 

君は突き放された気分を味わっていたのかな?

 

 

 

 

私にいつも愛されているのかと、

幼い子のように、真っ直ぐに繊細に見る君。

 

 

私に甘えて言えるならと言葉を伏せてしまった。

 

 

 

やがて私は聞き役に、

君は話す役割が定着する。

 

 

 

言葉を心に閉じ、

君を見守ることにした。

君を信じて。

分かってくれている

 

 

 

これまでやってこなかった事を

やれていなかった事を

やらせてもらえなかった事を

失敗をしても君が存分に

やり切った気持ちを味わって欲しい願い。

 

 

 

でも言葉を伝えないことで

どんどん君は遠くへ・・・

 

 

 

手の届かないほど遠くへ・・・

 

 

 

 

久しぶりに会っても同じ話がエンドレス。

 

過去の話をエンドレス。

 

 

 

 

わかるよ

君の気持ちはそれほど傷ついたんだよね。

吐く場所がなく心の奥にずっと居続けたんだね。

 

 

 

もうリプレイは止めて前に進まない?

 

そっと私が背中を押すと

駄々をこねるように口を閉じてしまったね。

 

 

 

そっか・・・

でもね・・・

 

 

 

誰もが色々な見えない環境を背負っている。

 

 

 

自分だけが不幸だ。

自分だけが聞いてもらえない存在だ。

そんな風に偏った捉え方はしんどい生き方になる。

 

 

 

その呪縛に気がつくことが

一番、楽に生きることだと思わない?

 

 

 

私には限界。

 

 

 

仕事と同じ役割を

家族・知人・親友にはできないよ。

 

 

だって私も人の心がある。

 

 

「わかっているっていつも言うけど

何を分かっているの?」

突き刺すその言葉がぐさりと心をえぐる。

 

 

分かって欲しいからと言って

いつも私は、

どんな時も

心理職で君と会わないといけないの?

 

 

 

でもね・・・

 

 

 

そうやって君は生き延びてきたんだね?

 

 

 

同じだった。

君が常に話す母親の内容とね。

 

 

 

「自分探しの道を歩いている」

と噂で聞いたよ。

 

 

 

出会いは必然で、どのような出会いも

意味があり。

人として成長させる。

 

 

 

信じているよ。

待っているよ。

 

 

君が納得するまで。

君が君でいるために

避けてきた道を歩いて行こうか。

 

 

君はひとりでない。

 

2020-02-11 09:14:02

一期一会のこころの出会い



ありのままに生きるとは、

 

分かっているようで

分かりにくいものだ。

 

 

自分は自分でしかないのにね。

 

 

なぜなんだろうね。

 

 

相手のありのままが見える時があり

しかしそれは

自分から見える「ありのまま」で・・・

 

 

相手にとって触って欲しくない

「ありのまま」であると

それは無いものになってしまう。

 

 

 

なぜだ、あるものが

あたかも無いものにされる恐怖はない。

 

 

 

昔の出来事で無いもの扱いをされると

知らぬ間に同じような言動をする。

 

 

相手は

ぐさりと刃物で突き刺している事実に

気がつかない。

 

 

 

一生懸命に手を差し伸べたのに、

刺されると、その事実に落ち込むね。

 

 

 

相手が気がつかないでいるなら

ケセラセラで終わりにしようか?

 

 

 

言っても仕方がない。

 

 

 

後つけで言い訳をする、

自分を追い込む相手からこれ以上、

傷つけられる必要はない。

 

 

 

 

人生の出来事はプラスもマイナスもあり

全てが必要な出来事ね。

 

 

 

 

『人の振り見て我が振り直せ』

君は同じことをするのをやめようね。

 

やってもこころが痛むだけ・・・

 

辛い出来事に再び出会うイヤな感情を

一緒に乗り越えてくれる人が居るといいね。

 

 

 

 

嫌なことを避けてばかりだと

そこから抜け出すことが出来ない。

 

呪縛から逃げていることすら気がつかないかな?

 

そこに目を向けない理由は何ですか?

 

 

怖いから?

辛いから?

見る必要がないから?

 

 

考えてみて欲しい、

目を向けない事実を・・・

 

 

 

過去に縛られているから見ない。

過去を消化していなから怖い。

過去に立ち止まっているから進まない。

 

 

 

避けるように事実を見ないクセはありませんか?

 

 

 

何も無い事にされた環境に居続けると

君が誰かを無い事にしても気がつかない・・・

 

 

その言動が当たり前のように

こころに刷り込まれている。

 

気づいて欲しい・・・

 

 

あなたを愛して

あなたを信じて

あなたの力になりたいと願う人を

無いとこにしないで欲しい。

 

 

 

 

傷ついた心を癒すのは君しかいない。

 

 

 

でも一人で乗り越えるには

とてつもないエネルギーが必要になり

乗り越えようとするたびに恐怖を味わってしまう。

 

 

だから怖いことを避けて生きてきたクセが

自然と勃発する。

 

 

 

ありのままの自分を愛したい。

その気持ちを大切に・・・

 

ぼちぼち

手を差し伸べる相手を信じて

ありのままの相手を受け入れる覚悟を

できるといいね。

 

こころが元気になった時に

あなたの人生の物語は宝に変わる。

 

 

一期一会のこころとの出会いは大切に・・・


クレマチスの花言葉は

「美しい精神」です。

2020-02-07 08:18:02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ